大分別府ソープランド THE 5ZILLA(ゴジラ)に在籍する「 吉沢 春菜(23)」のプロフィールページです

OPEN12:00~23:50

TEL0977-76-8771

  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)
  •  吉沢 春菜(23)

吉沢 春菜(23)

T:155 B:86(E) W:57 H:83

PROFILE

趣味
音楽、カメラ
性格
大人しい
責め派・受け派
受け派
性感帯
全身
チャームポイント
目とクビレ

GIRL'S VOICE

男性の癒しになれたら・・・
そう思って日々努力してます。
至らない点もあるとは思いますが
笑顔と御奉仕精神で頑張ります♪

STAFF'S COMMENT

これは驚愕!!強烈に膨れあがった超美乳のEカップ!!に目線が釘付け!

驚くほどに細くしなやかな、

女性らしいボディーライン&ワイシャツがはち切れんばかりの巨乳スタイルは必見です。

Eカップの豊満なバストから腰にかけての、キュッと締まってスッキリとしたウエストライン。

腰からつま先まで、しなやかにそして程よく肉好きのあるとし美しい曲線美。

仕草、匂い、髪、声、男を惹きつける、心をかき乱す、

彼女にしかない独特な官能的な雰囲気やフェロモンがあります。

自慢のEカップからは芳香的な香りはまさに媚薬もようで男性であれば

我慢せずにはいられなくなることでしょう!

それに加え人当たりの良さ、どんなタイプの男性にも好かれそうな彼女。
本物の愛嬌抜群でございます。

プレイの方は明るく献身的な性格通り、

ひたすら、ひたすらまでにお互いの快楽の頂点を目指すとばかりに一生懸命でございます。

手の抜き方さえ知らない、極めてエロく真面目なスタイルには感服いたします。

可愛い女の子は、実は淫乱でエッチな事が大好き。

最高じゃありませんか。今まで味わった事のない感情の昂り、

脳が痺れるような快感・プレイを思う存分余す所無く堪能していって下さい。

必ず、また会いたいと強く願うことでしょう。

春菜ちゃんの魅力を伝えきれないのが残念ですが、

是非一度!!お会いして頂くことを強くお薦めさせて頂きます。

SCHEDULE

REVIEW

  • NEW 2019.08.06(火) 11:36  投稿者:匿名()

    大きな瞳が印象的でした。かわいいのにやることはかなりスケベ。このお店の女の子はみんなこんな感じで接客してくれるのかな?また来ます。

  • NEW 2019.08.05(月) 18:43  投稿者:ダンディー(39)

    この前OLみたいな衣装でやってる時に
    春菜さんで入りました!
    可愛いし、愛嬌もすごく良くて好印象!
    プレイに入れば喘ぎ声が…
    たまりません!
    是非また入りたいと思いました。

  • 2019.06.13(木) 16:08  投稿者:田中隊長(36)

    清楚で可愛い感じの子でしたが、衣装はセクシーでギャップに興奮してしまいましたね。明るい性格で癒されたし、積極的に頑張ってくれて言うことなしです!

  • 2019.06.04(火) 21:04  投稿者:たけし(42)

    お目目パッチリの美人さん!たくさんイチャイチャしてくれてありがとう。あの時の表情が忘れられないです。またお願いします!

  • 2019.04.16(火) 20:27  投稿者:たかし(40)

    可愛いかったですね。
    全身美肌に加えてすごく感じやすい子でした。
    楽しい時間をありがとう(^^)

  • 2019.04.03(水) 22:41  投稿者:匿名希望(27)

    初めて来ました。綺麗な子で、スタイル良し、サービス良しで大当たりでした。また来たいと思いました!

  • 2017.12.22(金) 22:59  投稿者:別府男児(29)

    本日は、初めてでしたが、ステキな時間をありがとうございます!
    楽しかった!!

    また会える日を楽しみにしてます

  • 2017.11.23(木) 22:48  投稿者:正式確定(45)

    旅行のついでに遊びました!
    写真ではおとなしい女の子なのかとおもいましたが、プレイに入ると責めに攻めてくれる女の子でした(*'▽')
    このギャップはたまりません

PHOTO DIARY